作品

時をかける少女

2006

待ってられない未来がある。

タイムリープという能力を手にした女子高校生の真琴は、「人生のかけがえのない時間」の意味を見つけ出していく。瑞々しいひと夏を描いた青春物語。

予告編を見る
ストーリー

高校2年生の夏、真琴(まこと)は、医学部志望の功介(こうすけ)、春に転校してきた千昭(ちあき)という二人の同級生と遊び友達として楽しく毎日を過ごしていた。

ある日、真琴は、故障した自転車で遭遇した踏切事故の瞬間、時間を跳躍する不思議な体験をする。

叔母の芳山和子(よしやまかずこ)に相談すると、それは「タイムリープ」といい、年ごろの少女に「よくあること」だと言う。真琴は、手に入れたその力をツイてない日常のささいな不満や欲望の解消に進んで使い始めるようになった。

突然おとずれたバラ色の日々。ところが、タイムリープできる回数には限度があったのだ。
千昭の真琴への突然の告白を「なかったことにしよう」としたり、功介と同級生の果穂(かほ)の仲を取りもとうとしたりしたことで残りの回数がついに1回に。そして千昭にタイムリープしているんじゃないかと指摘され動揺した真琴は、最後のタイムリープを使いきってしまう。

すると、真琴の目の前を、ブレーキが故障した真琴の自転車に乗った功介と果穂が横切る。
自転車が踏切に突入し、2人の体が宙に投げ出され、真琴が「止まれーー‼」と叫んだとき、時間が静止し、千昭が現れた。

千昭は未来から来たことを真琴に告げ、この時代の、この場所の、この季節にしかない「ある絵」を見るためにタイムリープしてきたと語った。
そして過去の人間にタイムリープの存在を知られてしまったからには、もう真琴と会うことはできないと言って姿を消したのだった。

和子は、打ちのめされた真琴に、自分が高校の時に好きになった男の人をずっと待ち続けた体験を語る。自分と真琴とは違う。待ち合わせに遅れてきた人がいたら、走って迎えに行くのがあなたでしょう、と。

真琴は、自分のタイムリープ能力がもう1回だけ復活していることに気付いた。
真琴は、自分が最初に千昭に会った、あの日のあの場所に戻るため、最後のタイムリープをする。
今度こそ、自分の本当の気持ちを千昭に伝えるために、そして「かけがえのない時間」を取り戻すために。

スタッフ

監督細田 守
原作筒井康隆
脚本奥寺佐渡子
キャラクターデザイン貞本義行
作画監督青山浩行、久保田誓、石浜真史
美術監督山本二三
CGハヤシヒロミ(Spooky graphic)
色彩設計鎌田千賀子

受賞歴

2006シッチェス・カタロニア国際映画祭
2006釜山国際映画祭
2007アヌシー国際アニメーション映画祭
2007ニューヨーク国際子ども映画祭
2008ブリュッセル・アニメーション映画祭

配信で見る